TOP センターの概要 教職課程の履修 学習と就職の支援 学生募集
学校教育学コース 公開研究会 リカレント教育 教員養成GP 採用者の方へ
  • 資質の高い教員養成推進プログラム(教員養成GP)

 慶應義塾大学の教師教育プロジェクト「理想の教師への航海日誌〈教職ログブック〉――教職適性のプロセス参加型アセスメント」が、文部科学省・2006(平成18)年度教員養成GPに選定されました。

  • プロジェクトの概要

 教科内容に関する高度な〈知識〉、広い社会的視野に裏付けられた〈見識〉、教育実践を行う〈実行力〉。これら3つの資質・能力を兼ね備えた新時代の教員を養成すべく、プロセス参加型の教職適性アセスメントシステムの構築を提案します。多様な人材が集う一般総合大学の特色を生かして、学生自身を含めた複数の眼によるアセスメントを可能にするツールとして〈教職ログブック〉を開発し、それを使ったダイナミックな教師教育を行っていきます。

  • プロジェクトの目的

 本プロジェクトにおいては、教員になっていく学びの過程を航海に喩え、その航海日誌としての〈教職ログブック〉を開発し、活用していきます。

(1)新時代の高校教員像とは?

 今日、社会性を欠く教員の存在が問題視されています。新時代の教員は、教科内容に関する高度な〈知識〉と教育実践を行う〈実行力〉に加えて、広い社会的視野に裏付けられた〈見識〉をバランスよく兼ね備えていなければなりません。本プロジェクトでは、従来の教員養成の弱点を克服し、新時代にふさわしい教員の養成を目指します。

(2)複眼的なプロセス参加型アセスメント

 教員養成カリキュラムにおいて、教職に関わる適性を的確に判断すること(教職適性アセスメント)が求められています。特に、一般総合大学においては、多様な進路の中から教職を選択するために、自らの教職適性の判断が必要不可欠となります。新時代の教員に求められる教職適性は、教職課程を担当する大学教員のみならず、教員を目指す学生自身、教職課程を履修する他の学生、スクールボランティアなどで出会う学外の関係者、教職に就いている卒業生、採用権者などの多様な主体によって判断されることが重要です。そこで本プロジェクトでは、これらの評価主体が教員養成のプロセスに参加し、ダイナミックな教職適性アセスメントを実現していきます(図1)。

(3)〈教職ログブック〉の開発と活用

 教員としてのキャリア形成は「航海」に喩えることができるでしょう。〈教職ログブック〉とは、その航海日誌であり、来し方を振り返るための記録であると同時に、これからの航路を選択する重要な手がかりを提供するツールです。本プロジェクトでは、学生一人一人の〈教職ログブック〉を電子化して、本学が管理する研究・学習用ネットワーク上に公開し、複数の評価主体が各学生の教職適性アセスメントに参加できるようなコミュニティを創り出します。