TOP センターの概要 教職課程の履修 学習と就職の支援 学生募集
学校教育学コース 公開研究会 リカレント教育 教員養成GP 採用者の方へ
  • 現職教員対象リカレント教育のご案内

 教職課程センターではリカレント教育として下記のプログラムをご案内しています。これらのプログラムは、学校教育現場で働きながら改めて高度な専門性の習得を必要としている現職教員の方々に、ご参加いただけます。

  • 大学院現職教員入学試験

 本学大学院(社会学研究科教育学専攻修士課程)では、大学院修学休業制度を利用して専修免許状を取得しようとする方を対象に、大学院現職教員入学試験を実施しています。試験は例年9月に実施されます。主な出願資格要件は次のとおりです。詳細は大学院社会学研究科からのお知らせ(社会学研究科入試関連「現職教員入学試験について」)をご覧ください。

  1. 専修免許状の取得を目的とすること
  2. 取得しようとする専修免許状に係る基礎となる免許状を有すること
  3. 学校教育法第1条校での3年以上の教職経験を有すること
  4. 入学後1年目は修学に専念できること(2年目は職場に勤務しながら大学院に在籍して修士論文指導を受けることができます)

 教職課程センターでは、現職教員の皆様に広く開かれた研修の機会として、サマーセミナーを実施しています。過去に実施した開催テーマ等は下記のとおりです。

  • 2007年度サマーセミナー
    「コミュニケーション力を育てる小学校英語活動とは」
日時2007年8月27日(月) 13時30分~16時30分
場所慶應義塾大学三田キャンパス 南館地下2階2B35番教室
講師桜美林大学人文学系語学・文学専修専任講師 長谷川淳一氏
受講料2000円(資料代・茶菓子代を含む)
定員50名(定員になり次第、締め切ります)
申込方法氏名と連絡先を明記して、教職課程センターへFAX(03-5427-1619)でお申し込みください。本学卒業生の方は、あわせて卒業年度をお知らせください。申込時にお知らせいただいた氏名その他の個人情報は、セミナーの開催に付随する連絡のためにのみ利用します。
備考詳細はこちらをご覧ください(PDFファイル)
  • 2006年度サマーセミナー「先端工学からみる数学教育」(終了)
  • 2005年度サマーセミナー「思春期について考えよう」(終了)
  • 2004年度サマーセミナー「不登校について学ぼう」(終了)

  • 10年経験者研修

 本大学では、東京都教職員研修センターの委託を受けて、10年経験者研修(「大学等における専門分野に関する研修」の一部)を実施しています。近年の開講テーマは次のとおりです。

  • 「不登校の理解と学校現場における支援」(2007年度)
  • 「軽度発達障害(自閉症)の理解と対応」「不登校の理解と対応」(2005年度、2006年度)
  • 「不登校の実際とその対応」「特別支援教育の展開」「非行の実際とその対応」(2004年度)