TOP センターの概要 教職課程の履修 学習と就職の支援 学生募集
学校教育学コース 公開研究会 リカレント教育 教員養成GP 採用者の方へ
  • 教育実習の履修

 教育実習の履修について以下に概要等を記します。詳しくは『教職課程履修案内』を参照してください。また、教育実習を行うにはその前年度から、所定の手順に従って準備を進めることが必要です。教職ログブック内に掲載されている資料「教育実習を予定している学生へ」を閲覧してください。

  • 概要

 教育実習については、次表の指定に従って必要な科目を履修します。各科目の概要は下記のとおりです。

取得する
免許状の種類
履修すべき科目 履修すべき科目
の合計単位
中学校の免許「教育実習基礎」と「教育実習Ⅱ」。または、「教育実習基礎」と「教育実習Ⅰ」と「学校研究実習」。 5単位
高等学校の免許「教育実習基礎」と「教育実習Ⅰ」 3単位
〔注〕中学校の免許と高等学校の免許を両方とも取得する場合は、上段の指定に従って5単位を修得すれば十分。
  • 【「教育実習基礎」(1単位)】

 「教育実習基礎」は大学の教室で行う事前指導および事後指導です。単位修得には下記の要件をすべて満たす必要があります。

  1. 教職課程登録をしている学部4年生以上であること。
  2. 教育実習事前指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲに出席すること。
  3. 教育実習事後指導に出席すること。
  4. 教育実習日誌、学習指導案、教育実習レポートA・B・C・Dを提出すること。
  • 【「教育実習Ⅰ」(2単位)または「教育実習Ⅱ」(4単位)】

 「教育実習Ⅰ」は実習校で行う2週間以上の実習です。「教育実習Ⅱ」は実習校で行う3週間以上の実習です。いずれを履修するにも、下記の要件をすべて満たす必要があります。また、事前指導を完了しない場合は、教育実習に出かけることができません。

  1. 教職課程登録をしている学部4年生以上であること。
  2. 教育実習予備申告書、教育実習申告書、教育実習生カードを所定の期間内に提出していること。
  3. 所定の教科教育法の単位を修得していること。
  4. 実力テストに合格していること。
  • 【「学校研究実習」(2単位)】

 「学校研究実習」は慶應義塾の小学校・中学校・高等学校で教育活動への参観・参加を合計8日間以上行う実習です。教職課程登録をしている学部4年生以上で下記のいずれかに該当する方が、教職課程センターの学習指導に相談して許可された場合にのみ履修できます。履修を許可された方は、4月中旬に行われる学校研究実習事前指導に必ず出席しなければなりません。

  1. 「教育実習Ⅱ」を履修する必要があるにもかかわらず、実習校の都合により「教育実習Ⅰ」しか履修できない方。
  2. 旧免許法下において前年度までに3単位の教育実習を履修し終えている方で、現行免許法に則ってさらに2単位の教育実習を行う必要がある方。

  • 実習校の決定について

 本学では、「教育実習Ⅰ」「教育実習Ⅱ」に関して、慶應義塾の中学校・高等学校で行う教育実習を便宜上「塾内実習」と呼び、それ以外の学校で行う教育実習を「塾外実習」と呼んでいます。それぞれの場合において、実習校は次のようにして決めます。

  • 【塾外実習】

 まず、実習を行う本人が適当な中学校あるいは高等学校と交渉して、実習実施前年度のうちに口頭で内諾を得ます(ただし、いかなる事情があろうとも、慶應義塾の中学校・高等学校と交渉してはなりません)。実習受入の内諾が得られたら、教育実習予備申告書に必要事項を記入して教職課程センターへ提出してください。その後に、大学から正式な書面による依頼状を交付します。

  • 実習校が公立の中学校・高等学校の場合は、当該教育委員会の定める受入条件を充足する必要があります。実習校から内諾を得るにあたっては、そのあたりの事情をよく確認するようにしてください。
  • 東京都内の公立の中学校・高等学校での実習を希望する方は、大学から一括して東京都教育委員会に申し込みを行います。 (詳細は、前述されている「教育実習を予定している学生へ」を閲覧し、手順を確認して下さい。)ところによっては内諾を出さず、教育委員会を通して申し込むようにとの返答にとどめている学校もあります。そのような場合には、しっかりと先方に実習希望の意思表示をすることが重要です 。
  • 【塾内実習】

 塾内実習を行えるのは、慶應義塾の中学校・高等学校を卒業した方、もしくは、教職課程センターの学習指導に相談して許可を受けた方です。塾内実習を行う方は、教育実習予備申告書に必要事項を記入して、実習実施前年度の所定期間内に教職課程センターへ提出してください。実習校と実習時期は教職課程センターが決定して掲示でお知らせします。通知された実習校や実習時期を学生の都合で変更することはできません。また、実習校や実習時期の決定に関して、慶應義塾の中学校・高等学校と交渉を行うことは一切禁じられています。

  • 教育実習の時期

 中学校・高等学校の多くにおいて、教育実習は春学期(5~6月頃)に実施されています。教育実習を秋学期に実施する学校はあまり多くありません。いずれの場合にも、教育実習の実施時期は実習校の学事日程によって定められているものであり、実習希望者の都合に応じて決まるものではありません。

  • 大学卒業後あるいは大学院修了後に、通信教育部で教職課程を履修する場合の制限

 本大学の通学課程で学士号を取得した方および本大学大学院を修了した方は、本大学通信教育部で教育実習を履修することができません。その場合は、教職課程センターの学習指導に相談のうえ、特別学生(教職特別課程生・教職課程科目等履修生)の入学選考に出願してください。

  • 注意事項
  • 「教育実習基礎」「教育実習Ⅰ」「教育実習Ⅱ」「学校研究実習」の履修登録は、すべて、教育実習を実施する年度に行います。
  • 教育実習は原則として最終学年で履修します。ただし、教育実習の履修要件を満たしてる大学院生、教職特別課程生、教職課程科目等履修生はこの限りではありません。なお、最終学年で初めて教職課程登録をする方は、その学年で教育実習を履修することができません。
  • 実習校によって定められた教育実習の時期や方法が上記の諸原則と合致しない場合には、教職課程センターの学習指導に相談してください。
  • 実習校で行われる実習はもちろんのこと、大学で行われる事前指導、事後指導についても、遅刻や早退は認められません。その他、ガイダンスを欠席したり掲示の確認を怠たったりして必要な手続きを完了できないときは、教育実習に出かけられません。
  • 就職活動、部活動、サークル活動等と教育実習は両立しません。在学中に学ぶことの優先順位をよく考えて、実習に専心できる方だけが教育実習を履修するようにしてください。