TOP センターの概要 教職課程の履修 学習と就職の支援 学生募集
学校教育学コース 公開研究会 リカレント教育 教員養成GP 採用者の方へ
  • 実力テスト

 教育実習を行うには、その前年度までに「実力テスト」に合格する必要があります。「実力テスト」は毎年春学期(5月)と秋学期(11月頃)に実施されます。所定の期間に申込手続きをしたうえで、教育実習を行うのと同じ教科の「実力テスト」を受験しなければなりません。

 「実力テスト」合格の有効期限は学部卒業後1年間です。大学院在学中に合格した場合は大学院修了後1年間を有効と見なします。

 英語科とフランス語科については、外部認定試験で所定の成績を収めることにより、「実力テスト」の受験が免除されます。その免除条件は次のとおりです。

  • 英検(準1級)
  • TOEFL(Paper-based550点以上、Computer-based213点以上、Internet-based80点以上)
  • TOEIC(L&R785点以上に加えS&W310点以上で合計1,095点以上、ただしTOEIC-IPは不可)
  • 文部科学省認定実用フランス語技能検定試験(準1級)

 いずれかの条件に該当して免除を受ける場合は、教育実習実施前年度の所定の期日(12月上旬)までに、上記試験の合格証書もしくは得点証明書を教職課程センターへ提出して、免除手続きを行わなければなりません。ただし、合格証書・得点証明書は教育実習期間からさかのぼって4年以内を有効とします。