TOP センターの概要 教職課程の履修 学習と就職の支援 学生募集
学校教育学コース 公開研究会 リカレント教育 教員養成GP 採用者の方へ
  • 教育職員免許状の交付申請

 教育職員免許状は、教育職員免許法に則り、各都道府県教育委員会へ交付を申請し授与されるものです。申請方法として、大学が申請を代行する「一括申請」と、本人が自分で申請を行う「個人申請」があります。

※授与された教育職員免許状は国内どこでも使用できます。
※教育職員免許状の再交付等については、授与を受けた都道府県の教育委員会へお問い合わせください。

  • 一括申請

 一括申請とは、大学が一括して教育職員免許状の授与手続きを行う申請方法のことで、対象者は当該年度3月に卒業・修了予定の学生です。卒業後直ちに教職に就く希望がある方やその可能性がある方は、一括申請の手続きをしてください。一括申請をしないと、卒業する年の4月1日付で免許状が交付されません。希望する就業の形態は常勤・非常勤の別を問いません。

  1. 三田地区の学生
    東京都教育委員会へ申請を行います。7月初旬に行われる一括申請ガイダンスに参加してください。このガイダンスで、手続きの説明や必要書類を配布します。

  2. 矢上地区・湘南藤沢地区の学生
    神奈川県教育委員会へ申請を行います。一括申請の申込用紙を6月初旬に矢上及び湘南藤沢の教職課程担当窓口にて配布します。必要事項を記入し、手数料分の証紙を貼付して提出してください。

  • 個人申請

 個人申請とは、在学中に一括申請の申し込みを行わなかった方や一括申請の対象外となった方が、卒業後に個人で免許状の授与手続きを行う申請方法のことです。

 申請先は、原則として、居住地(住民票のある都道府県)の教育委員会になります。申請方法や必要書類等は各都道府県によって異なりますので、当該の教育委員会へ事前に問い合わせをしてから手続きを始めてください。

※教育職員免許法は改正されています。個人申請に必要となる書類(証明書)のひとつに「学力に関する証明書」がありますが、どの法令に基づき授与されるかを申請予定の教育委員会へ必ずご確認ください 。
(証明書のお申し込みはこちらをご参照ください。)

【免許法の区別】

適用法令呼称法令対象者
旧旧法昭和63年改正前免許法1989(平成元)年度以前入学者
旧法昭和63年改正免許法1990(平成2)年度4月以降入学者
新法平成10年改正免許法2000(平成12)年度4月以降入学者